コンビニの動向

化粧品

フランチャイズでコンビニの独立開業を考えるときには、競争で優位に立てるチェーン店を選ぶべきである。したがって大手流通系のコンビニのミニストップであれば、そのブランド力を生かして高収益を実現できるであろう。またフランチャイズでコンビニを経営するためには、その商品力とサービスを最大限に生かすべきである。そして社会のニーズに合わせたサービス展開をすることで、地域に密着した店舗として固定客を確保できるであろう。そこでミニストップの店舗を開く場合にも、高齢化を見据えた経営戦略が求められるであろう。そのためにはお年寄りにも喜ばれる接客をすると同時に、一人暮らしの高齢者も利用しやすいようなお惣菜やお弁当の充実も必要であろう。

ミニストップのフランチャイズに加盟する場合には、一人一人に合ったプランを選ぶのが一番大切である。また所有している土地を活用したいときには、高収益の経営プランから選べるのが魅力的である。特に不動産を活用することで、地代を払う必要がないために、独立開業で収入アップが実現できるのが魅力的であろう。しかし自己資金が少ない場合には、ミニストップが用意した店舗を活用する契約方式が便利である。その場合にはフランチャイズへの加盟金を支払うだけで、経営者としてスタートできるのが最大のメリットであろう。また独立開業する場合にはじっくりと検討する必要があるので、ミニストップの資料請求をしたり、説明会に参加して決めるのがポイントである。